唯一無二(読み)ゆいいつむに

四字熟語を知る辞典「唯一無二」の解説

唯一無二

ただそれ一つだけで、二つとないこと。

[使用例] 当時の桂岳を知る上には、唯一無二と言っていい貴重な資料であった[井上靖*ある偽作家の生涯|1951]

[使用例] 三階の切符を買って歌舞伎の芝居をみるのが唯一無二の道楽なので[円地文子*髪|1957]

[解説] 同じような意味合いのを重ねて強調した表現

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「唯一無二」の解説

ゆいいつ‐むに【唯一無二】

〘名〙 (形動) ただ一つで、二つとないこと。また、そのさま。「唯一」を強めていう語。唯一無双。唯一不二。
死霊‐三章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「完璧無垢な、唯一無二の自己主張です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唯一無二」の解説

ゆいいつ‐むに【唯一無二】

《「唯一」を強めていう語》ただ一つあって、二つとないこと。「唯一無二の存在」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android