唯一無二(読み)ユイイツムニ

大辞林 第三版の解説

ゆいいつむに【唯一無二】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ただ一つだけあって二つとない・こと(さま)。 「 -の親友」 「 -の方策」 「世界に-の珍宝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆいいつ‐むに【唯一無二】

〘名〙 (形動) ただ一つで、二つとないこと。また、そのさま。「唯一」を強めていう語。唯一無双。唯一不二。
※死霊‐三章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「完璧無垢な、唯一無二の自己主張です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

唯一無二の関連情報