コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想仕事 かそうしごと virtual work

1件 の用語解説(仮想仕事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮想仕事
かそうしごと
virtual work

力学系の各質点に仮想変位をさせたときに,系に働いている力がなす仕事。たとえば n 個の質点の系で,各質点に仮想変位 δri=(δxi,δyi,δzi) をさせるとき,各質点に働く力 Fi=(XiYiZi) がする仕事が仮想仕事である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仮想仕事の言及

【仮想変位の原理】より

…ここで各質点の変位δxiは運動法則とは無関係に与えられた束縛条件に合致する範囲でまったく任意に取り得るものとしており,これを仮想変位と呼んでいる。またそれに対応して(1)のδWは仮想仕事といい,仮想変位の原理は仮想仕事の原理とも呼ばれる。仮想変位すべての成分が互いに独立にとれる,すなわち束縛条件なしの場合,(1)はFi=0,すなわち質点に働く力の各成分が0ということである。…

※「仮想仕事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮想仕事の関連キーワード仮想変位仮想変位の原理質点系質点力学ダランベールの原理断熱定理内力重ね合わせの法則(力学)仮想仕事の法則補仮想仕事の原理