コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力学系 りきがくけい dynamical sysytem

3件 の用語解説(力学系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力学系
りきがくけい
dynamical sysytem

空間の任意の点が時間とともに推移していくときの状況を記述する一方法。天体力学の研究から発生した概念であり,(J.)H.ポアンカレ微分方程式定性的理論のなかで提案した。さらに「定性的理論とは軌道のトポロジカルな特徴を調べることである」として抽象化した力学系の概念をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

力学系【りきがくけい】

力学系とは与えられた集合上の点が時間とともに推移していく状況を数学的に記述する一つの方法である。力学系の理論では,特異点や周期軌道の存在,軌道の挙動,軌道の大域的状態の小さな摂動による変化などがトポロジーの立場から研究される。
→関連項目位相空間(物理)共鳴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りきがくけい【力学系 dynamical system】

力学系とは与えられた集合上の点が時間とともに推移していく状況を数学的に記述する一つの方法である。Xを位相空間とし,φ:X×RXXと数直線Rとの直積からXへの連続写像で,各実数tに対し写像φtXXをφt(x)=φ(x,t)により定義するとき,次の2条件が成り立つとする。(1)φ0=恒等写像,(2)φt◦φs=φsttを時間とみるとき,φtXの各点にその点のt時間後の位置を対応させる写像とみなされ,したがってφはXのすべての点の時間的な流れを記述している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

力学系の関連キーワード位相空間応力緩和孤立点資人直積動力学閉集合シュレーディンガー表示ハイゼンベルク表示分配の法則(集合論)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力学系の関連情報