コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮髪 カハツ

デジタル大辞泉の解説

か‐はつ【仮髪】

かもじ。つけまげ。
(かつら)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かはつ【仮髪】

添え髪。つけまげ。かもじ。
かつら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仮髪の言及

【能装束】より

…徳川家をはじめ,井伊家,池田家,細川家,前田家などの大名家に守り伝えられた能装束は,今日もなお一部が保存されている。
[装束の種類]
 広義の能装束は,用途上から分類すると,仮髪(かはつ),かぶり物,上衣(うわぎ)の類,着付(きつけ)の類,上衣・着付両用の類,袴の類,その他に分けられる。なお〈着付〉という言葉は,装束を着ることそのものを指す場合もあるが,能においては着装のことを物着せと称するのが普通であり,本稿で〈着付〉と記すのはすべて装束の種類としての〈着付の類〉で,小袖類の唐織,厚板(あついた),摺箔(すりはく),縫箔(ぬいはく)(繡箔(ぬいはく))などを意味する。…

※「仮髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仮髪の関連キーワードかもじ能装束頭・首髪形垂れ喝食義髻黒垂尉髪白垂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android