コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲猷祖闡 ちゅうゆう そせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲猷祖闡 ちゅうゆう-そせん

?-? 明(みん)(中国)の僧。
臨済(りんざい)宗。応安5=文中元年(1372)天台僧無逸克勤(むいつ-こくごん)とともにの太祖洪武帝の使者として来日,天台座主(ざす)承胤(しょういん)法親王書状をわたした。明の使者としてはじめて室町幕府と接触した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仲猷祖闡の関連キーワード祖闡臨済

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android