書状(読み)しょじょう

精選版 日本国語大辞典「書状」の解説

しょ‐じょう ‥ジャウ【書状】

〘名〙
手紙書簡。文書。
※将門記(940頃か)「又右少弁源相職朝臣の仰せの旨を引きて書状を送る詞に云く」
※浮世草子・武家義理物語(1688)二「最後の覚悟仕れと書状(ショジャウ)添て八十郎を乗物にて」
折紙に書かれた略式訴状
※沙汰未練書(14C初)「書状とは折紙に書小申状也。〈訴状と書状書様各別也〉」
※蕉堅藁(1403)送列侍者「俊列書状将甲州、求語以為途中之警

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書状の言及

【手紙】より

…用件を紙に書いて相手に伝える文書。
【日本】
 書状,書札,消息(しようそく∥しようそこ),尺素(せきそ),尺牘(せきとく)などともいう。ほかに手元において雑用に使う紙の意義もあるが,現在では用いられない。…

※「書状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android