コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台座主 テンダイザス

百科事典マイペディアの解説

天台座主【てんだいざす】

天台宗の貫首(管主)で比叡山延暦寺の住持。山の座主ともいう。854年第3代円仁(えんにん)が太政官符(だいじょうかんぷ)により補任されてから,正式な職名となった。
→関連項目山門派・寺門派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんだいざす【天台座主】

天台宗の貫首(管主)で,同時に比叡山延暦寺一山の住職でもあり,山の座主ともいう。824年(天長1)義真が第1代となり,第3代円仁から太政官符をもって補せられ,円仁と第5代円珍は最澄とともに大師号を受けた。第18代良源は叡山を中興し,第19代尋禅より公家貴族の子弟が多く選ばれた。第49代に皇族として初めて堀川天皇皇子最雲法親王が補せられ,以後はおおむね梨本・青蓮・妙法3院門跡から,近世は輪王寺門跡を含めてそれらの皇族門跡(門跡)からのみ選ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんだいざす【天台座主】

比叡山延暦寺の最高位の僧職で天台宗一門を統轄する者。824年就任の義真を初代とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天台座主
てんだいざす

天台宗を統轄する延暦寺の住職。最澄の弟子の義真(ぎしん)が824年(天長1)に任じられたのが1世で、4世安恵(あんえ)の866年(貞観8)に、止観(しかん)・真言(天台教学と密教)の両者に通じていることが資格とされた。延暦寺印を預かり、比叡山諸院を掌握し、授戒(じゅかい)・灌頂(かんじょう)・法華会(ほっけえ)などを主催した。寺門派(じもんは)の僧も任じられたが、989年(永祚1)の余慶(よけい)からは短期間で辞任するようになり、1190年(建久1)の公顕(こうけん)を最後に途絶えた。平安末期からは摂関の子や法親王(ほっしんのう)が天台座主に就任し、青蓮院(しょうれんいん)など山下の房に住むようになり、補佐役の執当(しっとう)や修理別当(しゅりべっとう)が山上で活動した。慈円や尊円法親王のように4度も天台座主に任じられた例や、義円(足利義教(あしかがよしのり))のように還俗して将軍になった例もある。織田信長の比叡山焼討ちで一時途絶えたが復活し、江戸時代には寛永寺の輪王寺門跡(りんのうじもんぜき)が天台座主を兼ねることもあった。1871年(明治4)に天台宗管長と改称したが、1884年に復活し、2016年(平成28)時点で257世を数える。 [岡野浩二]
『渋谷慈鎧編『校訂増補 天台座主記』(1999・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天台座主の関連情報