コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意代理人 にんいだいりにん

大辞林 第三版の解説

にんいだいりにん【任意代理人】

本人の意思に基づいて信任される代理人。委任代理人。 ↔ 法定代理人代理

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の任意代理人の言及

【訴訟代理人】より

…民事訴訟において,訴訟追行のための包括的な代理権を持つ任意代理人をいう。究極的には本人の意思に基づく代理人(これを任意代理人という)である点で,本人の意思と無関係の法定代理人とは異なる。…

【法定代理人】より

…代理される本人から任命されるわけではなく,直接にせよ間接にせよ法律の規定に基づいて任命される代理人。本人から代理権を与えられて代理人となる任意代理人に対する。未成年者の親権者(民法818条),後見人(838条1号),禁治産者の後見人(同条2号),不在者の財産管理人(25条),相続人のいることが明らかでない財産の管理人(952条)などがこれに属する。…

※「任意代理人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

任意代理人の関連キーワード訴訟代理人委任代理人法定代理人法定代理任意代理

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android