コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意投票制 にんいとうひょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意投票制
にんいとうひょうせい

投票するか否かは有権者の自由で,有権者個人の意思にまかされている選挙制度。有権者が投票することを法的に義務づけている義務投票制に対する。イギリス,アメリカ,フランス,ドイツや日本などで採用されている。選挙の際の投票率は義務投票制に比べ低くなる。特にアメリカのように,有権者みずからが申請して登録しないと投票できない制度では,投票率はさらに低くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

任意投票制の関連キーワード投票制度自由投票

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android