コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任意投票制 にんいとうひょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任意投票制
にんいとうひょうせい

投票するか否かは有権者の自由で,有権者個人の意思にまかされている選挙制度。有権者が投票することを法的に義務づけている義務投票制に対する。イギリス,アメリカ,フランス,ドイツや日本などで採用されている。選挙の際の投票率は義務投票制に比べ低くなる。特にアメリカのように,有権者みずからが申請して登録しないと投票できない制度では,投票率はさらに低くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android