コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務投票制 ぎむとうひょうせい

1件 の用語解説(義務投票制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務投票制
ぎむとうひょうせい

有権者は正当な理由がないかぎり,義務として投票しなければならないと定める選挙制度。日本やアメリカイギリスなどが採用している任意投票制に対するもので,ベルギーイタリアアルゼンチンオーストラリアなどで採用されている。義務投票制では,正当な理由がなく棄権した有権者には罰金などの罰則が定められているため,投票率はおのずと高くなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義務投票制の関連情報