選挙制度(読み)せんきょせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「選挙制度」の解説

選挙制度
せんきょせいど

選挙を実施し,選挙の諸目的を達成するための制度的装置・取決めの総体をいう。近代の選挙制度の原則は,選挙民個人に参加権として選挙権を与え,代表者は国民全体の代表として国家機関を構成することである。これは選挙の個人人格主義と呼ばれているが,このことから選挙制度の基本原則といわれる普通選挙,平等選挙,直接選挙,秘密選挙の4大原則が出てくる。こうした原則のうえに各国の選挙制度は成立しているが,各国とも政治,社会,文化的条件の違いを背景に,また政治状況の変化を考慮して全国レベルの選挙制度を慎重に定めるようにしている。したがって,各国の選挙制度に含まれる要素は次のように多様である。 (1) 有権者の地位,(2) 選挙区の設定,(3) 投票に関する取決め,(4) 単純多数決・小選挙区制以外の制度が採用されている場合には,代表の基盤とその計算方法,(5) 候補者となるための予備資格,(6) 選挙過程そのものの施行に関する行政上の取決め (選挙運動に関する諸規則を含む) ,(7) 選挙結果を受理するための取決め,および結果をめぐって紛争が生じた場合にそれを解決するための取決め。このなかで特に重要なのは,選挙区投票制度である。前者に関して諸国家の立法部選挙で採用されているのは,小選挙区単純多数決制を基盤とした直接選挙 (2回投票制もこれに含まれる) か,ある種の比例代表制 (名簿式比例代表制,大選挙区制) のいずれかである。どの制度をとるかによって政党制の秩序に影響を与えることになる。単純化していえば,小選挙区制は二大政党制への傾向を助長するし,比例代表制は多党制への傾向を助長することになる。選挙区は選挙施行上の便宜的な地域区分にすぎないものであるが,議員にとっては当落に重大な関係があるので,選挙区制の基本的変更および選挙区の画定に際しては,いつでも激しい論争や政争が起ることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android