企業行動基準(読み)きぎょうこうどうきじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業行動基準
きぎょうこうどうきじゅん

行動準則とも行動規範ともいい,企業のメンバーが行動に際して依拠すべき基準である。組織のメンバーの行動規範には社会通念以外に,職務規定などの明示的なルールやメンバー間に暗黙のうちに存在する独特の「掟」のようなものが存在する。これらは両立することも対立することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android