コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢屋四郎左衛門 いせや・しろうざえもん

1件 の用語解説(伊勢屋四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢屋四郎左衛門

江戸後期の浅草蔵前の札差。名字は青地氏。「伊勢屋四郎左衛門」は享保期より明治維新まで続いた札差株仲間の世襲屋号・名前で,文化年間(1804~18)に最盛を誇った。代々の通称や俳号などは不詳。天王町二番組に属し,寛政1(1789)年の棄捐令では当家だけで8万3000両の債権を失い,当時最大の江戸札差で万事手堅い経営といわれた。天保年間(1830~44)には棄捐令の再発を免れるため仲間にも勧めて利子引き下げや献上金の提案をしている。昔なじみの吉原の遊女が零落していたのを引き取って妾に囲い,通人たちの評判となったことがある。<参考文献>北原進『江戸の札差』

(北原進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢屋四郎左衛門の関連キーワード成美魚貫蔵前風十八大通青地宗白五十嵐波間藻伊勢屋四郎左衛門(3代)伊勢屋安右衛門仲祇徳(初代)守村抱儀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone