コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢屋四郎左衛門 いせや・しろうざえもん

1件 の用語解説(伊勢屋四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢屋四郎左衛門

江戸後期の浅草蔵前の札差。名字は青地氏。「伊勢屋四郎左衛門」は享保期より明治維新まで続いた札差株仲間の世襲屋号・名前で,文化年間(1804~18)に最盛を誇った。代々の通称や俳号などは不詳。天王町二番組に属し,寛政1(1789)年の棄捐令では当家だけで8万3000両の債権を失い,当時最大の江戸札差で万事手堅い経営といわれた。天保年間(1830~44)には棄捐令の再発を免れるため仲間にも勧めて利子引き下げや献上金の提案をしている。昔なじみの吉原の遊女が零落していたのを引き取って妾に囲い,通人たちの評判となったことがある。<参考文献>北原進『江戸の札差』

(北原進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone