コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢屋安右衛門 いせや やすえもん

2件 の用語解説(伊勢屋安右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢屋安右衛門 いせや-やすえもん

江戸時代中期-後期の商人。
初代安右衛門が宝暦8年(1758)江戸浅草片町に開業し,幕末までつづいた札差(ふださし)の代々の主人。江戸後期の安右衛門(幸彦,痴庵主人)は膨大な書籍(勝鹿文庫)を収集し,天保(てんぽう)3年その蔵書目録を刊行した。姓は松本。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢屋安右衛門

生年:生没年不詳
江戸中期の浅草蔵前の札差。本名松本安右衛門幸彦。蔵書家としても名高く,勝鹿文庫と称する万巻の書を蔵していたと伝え,また真本『千金方』を模刻したことなど,当時の十八大通がいずれも遊里を中心とし,浪費を誇示したのに対し,異質な文化的活動を行ったことで注目される。本業の札差は宝暦8(1758)年坂倉屋七兵衛の株を譲り受けて開業(前職も米穀商か)。片町二番組に属し,営業規模は寛政改革の際の棄捐高が1万両余であり,ほぼ平均的な中堅層の札差であったと思われる。<参考文献>幸田成友『日本経済史研究』(『幸田成友全集』2巻)

(北原進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢屋安右衛門の関連キーワード魚貫蔵前風青地宗白五十嵐波間藻伊勢屋四郎左衛門(3代)大口屋治兵衛笠倉屋平十郎祇丞(初代)仲祇徳(初代)半鐘八右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone