伊庭氏(読み)いばうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いばうじ【伊庭氏】

南北朝初期以来の武将近江国神崎郡伊庭庄(滋賀県能登川町)を本貫地とする。近江の守護家佐々木氏は,その入国以前から土着していた佐々貴山公氏の一族庶流を家門に包摂し,近江武士団を形成していった。伊庭氏は,佐々貴山公氏の流れで豊浦冠者と称された佐々木行実の次男実高をとする。南北朝初期から戦国期まで,六角氏重臣として代々軍事・行政両方面に活躍した。とくに室町期の後半,永享ごろから守護代として他の家臣を圧倒するようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android