コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊庭氏 いばうじ

1件 の用語解説(伊庭氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いばうじ【伊庭氏】

南北朝初期以来の武将。近江国神崎郡伊庭庄(滋賀県能登川町)を本貫地とする。近江の守護家佐々木氏は,その入国以前から土着していた佐々貴山公氏の一族庶流を家門に包摂し,近江武士団を形成していった。伊庭氏は,佐々貴山公氏の流れで豊浦冠者と称された佐々木行実の次男実高を祖とする。南北朝初期から戦国期まで,六角氏の重臣として代々軍事・行政両方面に活躍した。とくに室町期の後半,永享ごろから守護代として他の家臣を圧倒するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊庭氏の関連キーワード近江のお兼河海抄五流儀俄氏秀北畠顕泰吉良持広斯波兼頼南部政行本多嘉兵衛松浦定

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊庭氏の関連情報