コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重臣 ジュウシン

百科事典マイペディアの解説

重臣【じゅうしん】

昭和の初めから太平洋戦争まで,天皇の側近であった重職者のこと。1935年前後から用いられた言葉で,官制上の職ではない。五・一五事件の後,後継首相の選任に際して,従来選任を担当していた元老(この頃には西園寺公望ただ一人となっていた)が重臣の範囲を内大臣枢密院議長,内閣総理大臣の前官礼遇者(退官後も在官当時の待遇を得ている者)などに限り,彼らの意向を聴取するという形がとられた。
→関連項目小磯国昭内閣昭和維新

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしん【重臣】

重職の臣という意味であるが,制度上の職名ではなく,その範囲も,また用語例としてもかなりの幅がある。とくに日本では昭和戦前期に元老を助けてまたはそれに代わって政変の際の後継首相候補の推薦にかかわったり,ときには天皇の下問に直接答えたりした内大臣枢密院議長,首相前官礼遇者ないし元首相らをさすために用いられる。 明治憲法の下では天皇が統治権を総攬(そうらん)しながら政治上の責任を負わず,しかも天皇を輔弼(ほひつ)する内閣の交代のルールや天皇に直属する諸機関の関係は明確にされていなかったから,こうした体制統合の最高調整にあたる天皇の顧問としての元老や,常侍輔弼の内大臣が重要な役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうしん【重臣】

重職にある臣下。また、身分の高い臣下。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重臣
じゅうしん

1932年(昭和7)の五・一五事件による政党内閣崩壊後、首相の選考などに関し宮中での政治的発言力を与えられることになった人物。官制上の職名ではない。内閣総辞職の際の後継首相の選考は、明治中期以来、元老たちによってなされてきたが、大正末から元老は西園寺公望(さいおんじきんもち)ただ1人となった。西園寺は、五・一五事件後、斎藤実(まこと)を首相に推薦したが、32年8月、牧野伸顕(まきののぶあき)内大臣に高齢病弱を理由に、元老辞退の意思を示し、新しい首相選考方式の作成を依頼した。結局、元老辞退は周囲の強い反対で実現しなかったが、後継首相選考方式のほうは、元老が必要に応じて内大臣や重臣と協議して推薦する案が作成され、33年1月、天皇に内奏されて採用された。重臣の範囲は枢密院議長と首相の前官礼遇者(功労顕著により、退官後も在官中の待遇を与えられた者)であった。以後、毎回ではないが、重臣も後継首相の選定の協議に加わることになった。[粟屋憲太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

重臣の関連キーワード駆け込み訴え・駆込み訴えトニュクク(暾欲谷)私は猫ストーカー梅津政景日記下田鏒三郎駆込み訴え相良清兵衛朝比奈泰能六角氏式目佐久間信盛平沼騏一郎若槻礼次郎三浦義村大江広元斯波義敏横井也有三好監物召寄せる野中兼山岡田啓介

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重臣の関連情報