蠢動(読み)シュンドウ

  • ×蠢動

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
虫などがうごめくこと。また、物がもぞもぞ動くこと。
「全く人間も他の動物と同様に…地上で―してるんだね」〈葉山海に生くる人々
つまらないもの、力のないものなどが騒ぎ動くこと。「不満分子が蠢動している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「じゅんどう」とも)
① 虫がうごめくこと。また、物がむくむくと動くこと。特に「蠢動含霊」の形で、生きとし生けるものすべての意でも用いる。
※年中行事秘抄(12C末)正月「正月 春者。蠢動也。生也」
② つまらないもの、無知な者などが、うごめき騒ぐこと。
※新編覆醤続集(1676)五・即景「功名一事無、生理只蠢動」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉七「長防の士民たりとて皇国中に蠢動(シュンドウ)なす生息の民なれば」 〔爾雅疏‐釈訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蠢動の関連情報