コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福部男依 いおきべの おより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊福部男依 いおきべの-おより

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)9年(737)以後,写経所関係の職にあった。20年舎人(とねり)となり,大和(奈良県)掃守(かもり)寺の別当をつとめた。名は少依ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊福部男依の関連キーワード奈良時代官吏天平