コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏原宣足 ふしはら のぶたる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏原宣足 ふしはら-のぶたる

1845-1930 明治-昭和時代前期の華族。
弘化(こうか)2年5月27日生まれ。伏原宣諭(のぶさと)の長男。侍従,太政官(だじょうかん)御用掛などをつとめ,賀茂別雷(わけいかずち)神社宮司(ぐうじ)兼賀茂御祖(みおや)神社宮司となる。子爵。貴族院議員。昭和5年2月19日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伏原宣足の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎マルクス経済学エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android