コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休斎 きゅうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

休斎 きゅうさい

?-? 江戸時代後期の陶工。
近江(おうみ)(滋賀県)甲賀(こうか)郡水口(みなくち)村の古物商。文化-文政(1804-30)のころ,信楽(しがらき)焼にならって陶器をつくり,水口焼,休斎焼とよばれたが,1代でとだえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

休斎の関連キーワード千宗守(せんのそうしゅ)千宗室(5代)千宗守(初代)喜多村立似十四屋宗伍佐竹重威蜂谷宗悟小出侗斎茶室一覧土橋宗静長尾華陽錦織弘景岡田道竹千宗守藪内流裏千家千道安陶工頓的近江

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android