滋賀県(読み)しが

  • しがけん
  • 滋賀〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 4017.38km2(境界未定)。
人口 141万2916(2015)。
年降水量 1570.9mm(彦根市)。
年平均気温 14.7℃(彦根市)。
県庁所在地 大津市
県木 モミジ
県花 シャクナゲ
県鳥 カイツブリ

本州のほぼ中央部,近畿地方東部に位置し,琵琶湖を囲む県。琵琶湖は県面積の約 6分の1を占める。鈴鹿山脈野坂山地伊吹山地比叡山比良山地などの山地に囲まれ,琵琶湖をいだく近江盆地が広がる。湖東岸には沖積平野が開け,野洲川日野川愛知川などが流域に谷底平野をつくって琵琶湖に流入。南半は瀬戸内気候,北半は日本海岸気候を示す。古くから文化が開け,古墳が多い。天智6(667)年には天智天皇が大津市に近江大津宮を造営して遷都。畿内と東国,北陸とを結ぶ交通の要地であったため,16世紀の織田信長の全国統一までは抗争の地であった。江戸時代は彦根藩膳所藩など小藩に分割統治され,天領も多かった。明治4(1871)年の廃藩置県により大津県と長浜県ができ,翌 1872年滋賀県,犬上県に改称,同年 9月両県が合併して滋賀県となり,1881年現在の県域が確定。かつては第1次産業が主であったが,1960年頃から京阪神地区からの工場分散が盛んとなり,名神高速道路の開設を契機に工場が激増,農業から工業へと比重が移った。第2次産業の構成比は,県内総生産,産業別就業者とも 1970年代後半以来全国の上位を占め続けている。縮緬,木綿織などの在来工業のほか,紡績,レーヨン,電機,食品,自動車,機械などの工業がある。琵琶湖の小アユ,モロコ信楽焼は特産。琵琶湖国定公園鈴鹿国定公園三上・田上・信楽県立自然公園朽木・葛川県立自然公園湖東県立自然公園があり,景勝地,社寺,史跡,文化財が多く観光産業も盛ん。東海道新幹線,JR東海道本線,北陸本線,名神高速道路,北陸自動車道などの幹線が琵琶湖南部を通り,西岸には JR湖西線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

近畿地方北東部に位置する県。吹・比叡などの山々に囲まれた内陸県。中央に県面積の約6分の1を占める日本最大の湖・琵琶湖がある。琵琶湖周辺には、近江盆地が形成され、姉川・愛知川などの下流には平野部がひろがる。南部は温暖な太平洋型、湖北・湖西は降雪の多い日本海型の気候である。また、湖東地方は昼夜の気温差が大きく、年間の降水量が比較的少ない内陸性盆地の気候。工業が盛ん。県花は、しゃくなげ。県木は、もみじ。県鳥は、かいつぶり。

[滋賀県のブランド・名産品]
愛荘やまいも | 網織紬 | 伊吹だいこん | 今津のまくわうり | 雲平筆 | 永源寺こんにゃく | 近江雁皮紙 | 近江牛 | 近江刺繍 | 近江下田焼 | 近江上布 | 近江ちぢみ | 近江の麻 | 近江真綿 | 大津絵 | 押絵細工 | 小幡人形 | 笠原しょうが | 錺金具 | 楽器糸 | 上丹生木彫 | 草木染手組組紐 | 甲津原のみょうが | 甲良臼 | 小佐治もち | 再興湖東焼 | 坂本の食用菊 | 佐治かぼちゃ | 信楽焼 | 竹刀 | 下田なす | 正藍染・近江木綿 | 杉谷なす | 膳所焼 | 太鼓 | 高島虎斑石硯 | 高島扇骨 | 高月菜 | 高月丸なす | 竹根鞭細工 | 田上菜の花漬 | 提灯 | 綴錦 | 手織真田紐 | 特殊生糸 | 豊浦ねぎ | 西村早生 | 日光寺あまんぼう | 秦荘紬 | 八幡瓦 | 八幡丸竹工芸品 | 八田焼 | 鼻緒 | 浜仏壇 | 彦根繍 | 彦根仏壇 | 日野菜 | ビロード | 琵琶湖産鮎 | 本藍染 | 梵鐘 | 水口かんぴょう | 木製桶樽 | 山田ねずみだいこん | 万木かぶ | 余呉山かぶら | ろくろ工芸品 | 輪奈ビロード | 和ろうそく

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

近畿地方北東部の県。近江国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により大津県・長浜県の二県が成立。翌年、大津県は滋賀県に、長浜県は犬上県に改称され、同年、滋賀県が犬上県を合併して現在の県域が定まる。県庁所在地大津市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

滋賀県の関連情報