コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀 こうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲賀
こうか

滋賀県南部,野洲川の支流杣川上流域の地区。旧町名。 1955年佐山,大原,油日の3村が合体し町制。地名は郡名による。 2004年 10月,水口町,土山町,甲南町,信楽町と合併し,甲賀市となる。農林・製薬業が主産業で,甲賀売薬で知られ,中心地区の大原市場を中心に製薬工場が多い。甲賀流忍術の本拠地として知られ,「甲賀の里・忍術村」がある (→甲賀者 ) 。櫟野 (らくや) 寺の十一面観音坐像をはじめ,油日神社,大鳥神社などの古社寺には文化財が多い。大原ダムがあり,付近は鈴鹿国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうか〔かふか〕【甲賀】

滋賀県南端、鈴鹿山脈西麓にある市。野洲(やす)川などの原流域で、琵琶湖水源の一つ。信楽(しがらき)焼水口(みなくち)細工など独自の工芸品が有名。平成16年(2004)水口町、土山(つちやま)町、甲賀町、甲南(こうなん)町、信楽町が合併して成立。人口9.3万(2010)。

こうが〔かふが〕【甲賀】

こうか(甲賀)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうか【甲賀】

滋賀県南東部の市。聖武天皇の信楽宮しがらきのみやがあった。甲賀こうが流忍者・売薬・信楽しがらき焼などで知られる。 → こうが(甲賀)

こうが【甲賀】

〔正しくは「こうか」〕 滋賀県南東部にある市。 → 甲賀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲賀
こうか

滋賀県南東部、甲賀郡にあった町(甲賀町(ちょう))。現在は甲賀市の中央部を占める地域。旧甲賀町は1955年(昭和30)大原、油日(あぶらひ)、佐山の3村が合併、町制施行して成立。町名は古代以来の郡名に由来。1956年和野(わの)、嶬峨(ぎか)地区を水口(みなくち)町に分離。2004年(平成16年)甲賀郡水口、土山(つちやま)、甲南(こうなん)、信楽(しがらき)の4町と合併、市制を施行して甲賀市となった。旧町域は東の鈴鹿山脈、西の洪積丘陵に挟まれ、杣(そま)川流域に狭長な平野がある。JR草津線が北西―南東方向に、新名神高速道路が東西に通じ、甲賀土山インターチェンジがある。産業は農林業が主体で、土壌が特殊重粘土層であるため、農業面で大きな障害となっていたが、大原ダムや幹線水路の完成で改良されてきた。中心の大原市場は交通の結節点で、とくに伊勢への参宮街道の要衝。明治初年に始まる甲賀売薬業は、富山、奈良と並ぶ配置売薬の拠点で、1959年には滋賀県薬事指導所(現薬業技術振興センター)が設置されている。油日神社の本殿などは国の重要文化財。「油日の太鼓踊り(たいこおどり)」は国の選択無形民俗文化財。本尊の木造十一面観音坐像ほか多数の国指定重要文化財を有する櫟野(らくや)寺をはじめ、重要文化財を保持する寺院が多く所在する。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の甲賀の言及

【近江国】より

…〈淡海〉〈近淡海(ちかつおうみ)〉とも表記される。滋賀,栗太,甲賀,野洲,蒲生,神崎,愛智,犬上,坂田,浅井,伊香,高島の12郡からなる。《延喜式》のほか738年(天平10)の〈上階官人歴名〉(《正倉院文書》)によって当時も大国であったことが判明する。…

※「甲賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲賀の関連キーワード滋賀県甲賀市水口町さつきが丘滋賀県甲賀市甲賀町大原市場滋賀県甲賀市水口町古城が丘滋賀県甲賀市甲賀町大原上田滋賀県甲賀市甲賀町五反田滋賀県甲賀市水口町笹が丘滋賀県甲賀市水口町北内貴滋賀県甲賀市水口町貴生川滋賀県甲賀市甲賀町小佐治滋賀県甲賀市甲賀町大原中滋賀県甲賀市水口町東名坂滋賀県甲賀市水口町伴中山滋賀県甲賀市水口町西林口滋賀県甲賀市水口町東林口滋賀県甲賀市甲賀町田堵野滋賀県甲賀市甲賀町大久保滋賀県甲賀市甲賀町鹿深台滋賀県甲賀市土山町北土山滋賀県甲賀市土山町山女原滋賀県甲賀市土山町野上野

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲賀の関連情報