コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝存 デンソン

デジタル大辞泉の解説

でん‐そん【伝存】

[名](スル)伝えられて存在すること。「古記録が伝存する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんそん【伝存】

( 名 ) スル
伝わり存すること。 「平安時代の写本が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝存の関連キーワードリビウスアンドロニクスアキレウスタティオス尾張国郡司百姓等解文ポリュグノトスマルティアリス前九年合戦絵巻エンペドクレス甲州法度之次第御湯殿上日記クレアンテスアポロドロス十輪院内府記プラウトゥス芝居囃子日記御堂関白記ルキアノスヘシオドスピンダロスエンニウステオグニス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android