コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝搬遅延時間 でんぱんちえんじかんpropagation delay‐time

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱんちえんじかん【伝搬遅延時間 propagation delay‐time】

伝送系を電波または電気信号が通過するのに要する時間。空気中の電波の伝わる速さは,毎秒約30万kmである。例えば静止衛星を用いた衛星通信においては,送信局から出た電波が衛星で中継,反射されて受信局に到着するまでの伝搬遅延時間は,約240msから270msとなる。同期動作をしている系では,構成要素の伝搬時間の不同は系の誤動作の原因となる。ディジタルゲートの伝搬時間はMOS形で25~100ns程度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伝搬遅延時間の言及

【集積回路】より

…通常はICと略称され,〈二つ,またはそれ以上の回路素子のすべてが,一つの基板上または基板内に組み込まれている回路であり,設計から製造,試験,運用に至るまで各段階で一つの単位として取り扱われるもの〉と定義されている。ここで基板substrateというのは,トランジスターやICがその上に形成される単結晶素材で,通常は元素半導体であるシリコンが使用されるが,高性能ICに対しては,化合物半導体であるガリウムヒ素GaAsが使用される。…

※「伝搬遅延時間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝搬遅延時間の関連情報