コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中継 チュウケイ

5件 の用語解説(中継の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐けい【中継】

[名](スル)
中間でうけつぐこと。なかつぎ。「駅伝の第三中継点」「中継ケーブル」
中継放送」の略。「事故現場から中継する」「二元中継

なか‐つぎ【中継(ぎ)/中次(ぎ)】

[名](スル)
途中で引き継ぐこと。「―の投手」「電波を―する」
二者の間に立って取り次ぐこと。また、その人。「二社の商取引を―する」
家督相続者が年少のとき、成長するまで他の人が一時家督を継ぐこと。また、その人。
三味線の棹(さお)や尺八、釣りざおなど、棒状の物を中間で継ぎ合わせること。また、そのように作ったものや、その継ぎ目の部分。
茶入れで、蓋(ふた)と身の合わせ口が胴の中央にある形のもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中継【ちゅうけい】

放送界では一般に,有線または無線の遠距離通信において途中に中継所(局)を設け,受信信号を増幅して伝送することをいう。また放送局相互間や,局外から放送局へ番組を送ることも中継という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうけい【中継 repeating】

中継には,通信伝送系において信号の減衰を補償するための中継器,通信網においてトラヒック処理を効率的に実行するための中継交換,機種が異なる情報処理システム間を結合するための中継コンピューターなど,対象によりいろいろな意味がある。
[中継器repeater
 通信伝送路の線路損失により減衰した通信信号を補償するために,一定間隔ごとに挿入した増幅回路を中継器という。中継器
[中継交換transit switching]
 通信回線はなるべく多くの人々に共用させたほうが使用効率が向上する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の中継の言及

【陸上競技】より

…水たまりの手前にも障害物が置かれ,競技者は水たまりを越えるか中に入って進まなければならない。
[リレー競走relay]
 男女とも4×100m(400m),4×400m(1600m)など。いずれも4人の走者がバトンをパスしながら継走する。…

【リレー】より

…継電器ともいい,19世紀の初め電信中継用として作られた。もっとも多く使われる電磁リレーは図のように小電力をコイルに入力したとき,電磁石の原理で動く接極子に連なる電気接点を閉じまたは開く。その際多数の接点によって数多くの回路を,または入力より大きな電流を断続できる。電磁リレーの特徴は入力回路と出力回路とが独立,過負荷や雷サージに強い,高信頼性,低価格などであり,用途は電話交換機,信号機,自動制御,電力の回路保護などである。…

【経緯儀】より

…測地測量,一般測量,あるいは天体観測に使用される光学器械の一種で,目標点の水平角および高度を測定するための装置。一般にトランシットtransitと呼ばれる。目標点を視準する小型望遠鏡を,鉛直,水平の2軸方式で目的の方向に向けることができ,その方向を水平目盛盤,鉛直目盛盤で読み取る構造になっている。…

【測量】より

…経緯儀は重力またはこれに垂直の方向を基準として整準し,この状態で付属望遠鏡を2点以上の目標に向け,その間の水平角を,また各点の鉛直角(高度角)を目盛盤上で読みとるものである。日本工業規格(JIS)では,目盛盤をバーニヤまたは指標で読みとるものをトランシットtransitといい,光学的な拡大装置を用いて読みとるものをセオドライトといって区別している。経緯儀の構造は,望遠鏡,水平軸,鉛直軸,鉛直目盛盤,気泡管等から構成される,鉛直軸に直角についている上板から上の上部機構と,鉛直軸,水平目盛盤,整準・求心装置等の下部機構から成り立っている。…

※「中継」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中継の関連情報