コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相差検出法 いそうさけんしゅつほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

位相差検出法

対となるラインセンサーを用いて、像の位相差(ズレ)から、ピントの合う方向を検出するAF方式を、位相差検出法と呼ぶ。一眼レフカメラでは、撮影用のレンズで実際に撮影される像を使うTTL方式が用いられ、TTL位相差検出法と呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android