位相差検出法(読み)いそうさけんしゅつほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

位相差検出法

対となるラインセンサーを用いて、像の位相差(ズレ)から、ピントの合う方向を検出するAF方式を、位相差検出法と呼ぶ。一眼レフカメラでは、撮影用のレンズで実際に撮影される像を使うTTL方式が用いられ、TTL位相差検出法と呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android