コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相運動 いそううんどうphase-movement

1件 の用語解説(位相運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位相運動
いそううんどう
phase-movement

T.パーソンズが R.F.ベールズの実験をもとにして結論しているところによれば,社会体系が維持されるための機能的要件は,適応 adaptation,目標達成 goal attainment,統合 integration,潜在 latencyパターンの維持と緊張処理の4つである。そしてこれらは四次元空間とみなされる「行為空間」を構成し,社会的行為は時間の経過とともに四次元のいずれかで優勢を示す。その極大値が各位相の特性とされ,しかもこの位相は周期的に順次変化していく。この変化のことを位相運動という。 (→AGIL図式 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone