コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相運動 いそううんどうphase-movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位相運動
いそううんどう
phase-movement

T.パーソンズが R.F.ベールズの実験をもとにして結論しているところによれば,社会体系が維持されるための機能的要件は,適応 adaptation,目標達成 goal attainment,統合 integration,潜在 latency的パターンの維持と緊張処理の4つである。そしてこれらは四次元空間とみなされる「行為空間」を構成し,社会的行為は時間の経過とともに四次元のいずれかで優勢を示す。その極大値が各位相の特性とされ,しかもこの位相は周期的に順次変化していく。この変化のことを位相運動という。 (→AGIL図式 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android