順次(読み)じゅんじ

精選版 日本国語大辞典 「順次」の意味・読み・例文・類語

じゅん‐じ【順次】

〘名〙 (古くは「じゅんし」)
順序にしたがって次々に物事をすること。じゅんぐり。順々。
※東寺百合文書‐る・応永三一年(1424)一二月二四日・最勝光院方評定引付「又九月晦日杲淳法印死去之間、任巡次」
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一八「小説は此三挺(ちゃう)使命を順次(ジュンジ)に述べなければならぬ」 〔人物志‐七繆〕
② 年長者から順に往生すること。年上の者から順に死ぬこと。
太平記(14C後)一〇「父の入道大に諫めて、暫く吾を先き立てて、順次(ジュンシ)の孝を専らにし」
③ (形動) 折目正しくきちんとしていること。また、そのさま。
日葡辞書(1603‐04)「Iunxina(ジュンシナ) ヒト
※神宮文庫本発心集(1216頃か)三「此の僧順次に必生死を離るべき者にて侍るを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「順次」の意味・読み・例文・類語

じゅん‐じ【順次】

(副詞的に用いて)順序に従って物事をするさま。順々。順繰り。「一番から順次面接する」
仏語。この世の次の世。来世
年齢の順序に従い、親が死んでから死ぬこと。
「暫吾を先立てて、―の孝をもっぱらにし」〈太平記・一〇〉
[類語]順順に順繰りに逐次次次に・順に・順送り持ち回り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「順次」の読み・字形・画数・意味

【順次】じゆんじ

順序。

字通「順」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「順次」の解説

順次

構造化プログラミングの論理構造のひとつ処理が記述された順に、逐次処理を行うこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android