経過(読み)けいか

精選版 日本国語大辞典「経過」の解説

けい‐か ‥クヮ【経過】

〘名〙
① ある場所、段階などを通りすぎること。
※延喜式(927)一八「凡諸司皆先上朝座。後就曹司。不過他処以闕所職
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「僕始めて此地を経過(ケイクヮ)す」 〔後漢書‐蔡茂伝〕
② 時間がすぎてゆくこと。時間をすごすこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
小春(1900)〈国木田独歩〉二「七年は経過せり」
物事がうつりかわってゆくこと。また、その状態。なりゆき。〔哲学字彙(1881)〕
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一八「病気の源因と、経過(ケイクヮ)容体を」
④ 天文学用語。
(イ) 天体子午線を通過すること。正中。南中
(ロ) 小さな天体が大きな天体の前面を通過すること。惑星の月面経過など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「経過」の解説

けい‐か〔‐クワ〕【経過】

[名](スル)
時間が過ぎること。「10年の歳月が経過した」
ある時間内の物事の進行・変化のぐあい。成り行き。「手術後経過は良好」「試合の途中経過
ある場所・段階を通りすぎること。
「即是れ人類のまさに―すき階級なり」〈福沢文明論之概略
小さな天体が大きな天体の前面を通過する現象。
[類語](1経つ過ぎる経る移る過ぎ去る過ぎ行くけみする/(2成り行き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「経過」の解説

【経過】けいか(くわ)

通りすぎる。また、なりゆき。〔楽府詩集、清商曲辞三、呉声歌曲三、華山畿、二十五首、二十二〕上の はくは、行雲の如く 時時(じじ)經せられんことを

字通「経」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android