コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置指定突然変異誘発

栄養・生化学辞典の解説

位置指定突然変異誘発

 遺伝子の特定の塩基(通常1塩基だが,複数でも可)に変異を作る方法で,クローニングした遺伝子断片と必要な変異を加えた合成ヌクレオチドをハイブリダイズさせ,増幅して,変異したものを選抜して得る.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android