コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低層ゾンデ ていそうゾンデlower layer sonde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低層ゾンデ
ていそうゾンデ
lower layer sonde

大気の状態を調べるのに使う気球の一種。 1000mぐらいまでの気層での温度,湿度などの鉛直分布を調査するもので,直径 1.5mのゴム製の気球。高層用のラジオゾンデよりも遅く,毎分約 200mのスピードで上昇させる。気球には測定器がついており,各時間の測定結果は無線によって地上に送られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低層ゾンデの関連キーワード気象観測高層大気低層

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android