低気圧家族(読み)テイキアツカゾク

大辞林 第三版の解説

ていきあつかぞく【低気圧家族】

一つの前線上に次々に発生する一連の低気圧。通過に伴い、周辺の天気は1~2日の周期で変化する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

低気圧家族
ていきあつかぞく

前線上にできた低気圧が発達しながら進んだ後にまた低気圧ができ、このようにして同じ前線上に発達の程度の違う低気圧が連なることがある。これを低気圧家族とよぶ。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android