コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木古流 ささき こりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木古流 ささき-こりゅう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
初代佐々木市蔵の門弟。はじめ都秀太夫千中(みやこひでたゆう-せんちゅう)の立(たて)三味線をつとめ,のち常磐津(ときわず)節にうつり,明和5年(1768)常磐津文字太夫立三味線にすすむ。家元の高弟常磐津志妻(しづま)太夫が豊名賀(とよなが)流をおこすと,その立三味線をつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木古流の関連キーワード豊名賀志妻太夫岸沢式佐