コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫 トキワズモジタユウ

5件 の用語解説(常磐津文字太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ときわず‐もじたゆう〔ときはづモジタイフ〕【常磐津文字太夫】

[1709~1781]初世。常磐津節の創始者。京都の人。俗称、駿河屋文右衛門。初世宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)に師事、宮古路文字太夫と名のって江戸で豊後節の再興に努めたが、延享4年(1747)常磐津と改姓して一流を興した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常磐津文字太夫【ときわづもじだゆう】

常磐津節演奏家の芸名。9世まである。初世〔1709-1781〕は常磐津節の始祖。京都の仏具商人の息子。俗称駿河屋文右衛門。宮古路豊後掾(ぶんごのじょう)の高弟。
→関連項目常磐津節

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ときわづもじたゆう【常磐津文字太夫】

常磐津節の家元。(1)初世(1709‐81∥宝永6‐天明1) 京都寺町の生れ。俗称駿河屋文右衛門。位牌商であったが,1716‐26年(享保1‐11)ごろ宮古路国太夫(のちの宮古路豊後掾)の門弟(のちに養子)となり,宮古路文字太夫(一説に前名を右膳とする)と名のる。豊後掾は32年から34年正月ごろまで名古屋滞在ののち江戸に下る。文字太夫は京から江戸へ直行し,34年9月葺屋町河岸播磨芝居,翌35年7月中村座の《睦月連理(むつまじきれんりのたまつばき)》で師の脇を勤める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ときわずもじたゆう【常磐津文字太夫】

常磐津節の家元の名。
(初世)(?~1781) 京都の人。宮古路豊後掾の門下。文字太夫と称して師とともに江戸で活躍。豊後節弾圧ののち、常磐津と改姓して新流を開いた。
(四世)(1804~1862) 初世の曽孫。現行の常磐津節名曲の多くを初演した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常磐津文字太夫
ときわずもじたゆう

常磐津節の家元名。[林喜代弘・守谷幸則]

初世

(1709?―81)常磐津節の創始者。京都・寺町の町人の出で、俗称駿河屋(するがや)文右衛門。宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)が国太夫半中(くにたゆうはんちゅう)時代の門人で、初名は右膳(うぜん)。1734年(享保19)師と江戸に下り、文字太夫と改名してワキを勤め、36年(元文1)に立語りとなる。39年の豊後節の禁止後も江戸に在住し、47年(延享4)一流を樹立した。75年(安永4)一世一代の出語りを最後に隠棲(いんせい)。俳名文中。常磐津が独立した年の翌年、1748年(寛延1)に小文字太夫が脱退、富本節を創始するといった事件があり、69年(明和6)から82年(天明2)には志妻(しづま)太夫が豊名賀(とよなか)派を、造酒(みき)太夫が富士岡派を樹立している。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1756―99)通称藤兵衛。初世の門弟。初名兼(かね)太夫。初世兼太夫から1787年(天明7)2世を継ぐ。99年(寛政11)6月に引退。引退の年に2世兼太夫が家元相続の争いから常磐津を脱退、吾妻国(あづまくに)太夫と改名、独立した。また、さかのぼっては91年に初世鳥羽屋里長(とばやりちょう)が富本節へ転じている。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1792―1819)2世の子。通称林之助(りんのすけ)。1819年(文政2)3世を襲名したが、その年の暮れに28歳で死去。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1804―62)幼名男熊(おぐま)。初世の孫の初世市川男女蔵(おめぞう)の次男。1837年(天保8)4世を襲名。50年(嘉永3)豊後大掾(ぶんごだいじょう)を受領(ずりょう)。4世岸沢古式部との間に不和が生じ、岸沢派は分離独立した。この分離独立は明治に7世小文字太夫(後の初世常磐津林中(りんちゅう))によって和解が成立するまで続く。さらに1906年(明治39)林中が死去するとふたたび対立、岸沢は新派と称して分裂したが、27年(昭和2)常磐津協会の設立により解消した。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1822―69)4世の養子林之助。清元で琴太夫と名のっていたが望まれて養子に入り、若太夫から1837年(天保8)小文字太夫となり、62年(文久2)に5世を襲名したが、ゆえあって離縁。別家して6世兼太夫となる。[林喜代弘・守谷幸則]

6世

(1851―1930)本名常岡丑五郎(うしごろう)。初名は浪花(なにわ)太夫。1888年(明治21)6世小文字太夫(佐六文中)の未亡人の養子となり、小文字太夫を襲名。1902年(明治35)6世を継承。26年隠居して2世豊後大掾と改名した。東京音楽学校(現東京芸術大学)の嘱託となり常磐津節の五線譜化に努めた。[林喜代弘・守谷幸則]

7世

(1897―1951)本名常岡鉱之助。6世の養子となり、小文字太夫を継ぐ。6世の隠居とともに7世を襲名。[林喜代弘・守谷幸則]

8世

(1918―91)本名常岡晃(あきら)。7世の実子。1951年(昭和26)8世を継ぐ。[林喜代弘・守谷幸則]

9世

(1947― )本名常岡薫(かおる)。8世の実子。1976年(昭和51)8世小文字太夫を継承、91年(平成3)父の死去に伴い家元となる。94年9世襲名。なお、小文字太夫の名跡は現家元家では離縁されたものを含まないため代数の計算があわない場合がある。[林喜代弘・守谷幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常磐津文字太夫の言及

【常磐津節】より

…流祖宮古路豊後掾は帰京してしまうが,江戸にとどまった有力な門弟のうち,豊後掾の養子となった宮古路文字太夫は43年(寛保3)から再び劇場に出演し,豊後節にくふうを加えて一流を創始した。47年(延享4)姓を関東としたが幕府より差し止められ,再度改めて常磐津文字太夫を名のり,志妻,小文字両太夫,三味線初世佐々木市蔵を連れて中村座に出演,ここに常磐津節が成立した。
[展開]
 常磐津節成立の翌年,常磐津小文字太夫は独立して富本節を創始,以後両者はつねに勢力を競うことになる。…

※「常磐津文字太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常磐津文字太夫の関連キーワード常磐津林中常磐津常磐津松尾太夫常磐津千東勢太夫常磐津文字太夫(8代)常磐津若太夫(5代)岸沢式佐廓八景常磐津兼太夫常磐津文字兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone