コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立三味線 タテザミセン

デジタル大辞泉の解説

たて‐ざみせん【立三味線】

たてじゃみせん

たて‐じゃみせん【立三味線】

《「たてしゃみせん」とも》長唄浄瑠璃などで、2挺(ちょう)以上の三味線で演奏する場合、その首席として他をリードする演奏者。また、その三味線奏者としての格式。たてざみせん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たてじゃみせん【立三味線】

邦楽演奏用語。〈タテ〉とは第一席に座る者のことをいい,三味線の場合その者を三味線という。唄,三味線のタテはそれぞれの持ち場の境目に座る。三味線の場合は雛壇の上壇の上手(向かって右側)に並ぶので,そのもっとも左側,壇の中央に近く,立唄と並んで位置する。立三味線は三味線演奏の全責任を負う主役である。【長尾 一雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たてじゃみせん【立三味線】

長唄・浄瑠璃などで二人以上の三味線方が演奏する場合の、首席の三味線方。たてざみせん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

立三味線の関連キーワード杵屋 勝五郎(4代目)常磐津文字兵衛(2世)常磐津文字兵衛(1世)杵屋新右衛門(初代)中村八右衛門(2代)連れ三味線・連三味線杵屋六三郎(9代)杵屋作十郎(2代)杵屋弥三郎(2代)杵屋勝五郎(4代)杵屋弥三郎(4代)宮崎忠五郎(初代)杵屋六三郎(5代)杵屋六三郎(6代)山彦源四郎(3代)杵屋弥十郎(3代)十寸見東觚(初代)杵屋勝五郎(初代)清元斎兵衛(2世)杵屋正次郎(2代)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android