佐々木市四郎(読み)ささき いちしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木市四郎 ささき-いちしろう

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
常磐津(ときわず)節,富本節の三味線方初代佐々木市蔵の門弟。師の没後に常磐津の内紛でできた豊名賀(とよなが)にうつり,その衰滅後は富本にうつった。寛政4年(1792)常磐津にもどり,2代岸沢式佐の傘下にはいった。後姓は岸沢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android