佐々絣(読み)サッサガスリ

大辞林 第三版の解説

さっさがすり【佐々絣】

木綿絣の一。寛政年間(1789~1801)に佐々成政の子孫の成信が薩摩絣に似せて尾張で創始したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さっさ‐がすり【佐々絣】

〘名〙 綿織物の一つ。熊本の城主佐々成政の子孫成信が、寛政(一七八九‐一八〇一)の頃、尾張丹羽郡森本村(愛知県一宮市)で、さつま絣をまねて織り出したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android