さつま絣(読み)さつまがすり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

さつま絣[染織]
さつまがすり

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
都城市で製作されている。高級綿糸を使用。本場大島紬と同様に織締め技法でつくられる。木製の締め機に経糸をかけ、糸を横から打ち込み、経の上下糸でかたく締め付けた後、藍瓶につけて染色する。経糸で締めたところが絣となり、締めないところが無地になる。染色と乾燥を繰り返し、深みのある濃藍色に仕上げられる。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android