コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡情話 さどじょうわ

世界大百科事典 第2版の解説

さどじょうわ【佐渡情話】

浪曲の演目。浪曲家の寿々木米若(すずきよねわか)が,1933年,レコード吹き込みの際即席で書き上げたといわれる。柏崎から漁に出て嵐のなか助けられた吾作と,土地の娘お光の,佐渡を舞台とする恋物語だが,恋人を忘れかねるお光が,たらいの船で柏崎を指して行くくだりの哀調あふれた美声が評判となって,浪曲師としての寿々木米若の地位を高めた。34年に山田五十鈴のお光で映画化もされている。【矢野 誠一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐渡情話の関連キーワードおもな浪花節の演目実川 延一郎稲垣 きくの寿々木 米若西沢 爽浪花節

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐渡情話の関連情報