佐渡(読み)サド

精選版 日本国語大辞典の解説

さど【佐渡】

[一] 北陸道七か国の一つ。越後国から分かれて大化改新後に成立。神亀元年(七二四)遠流(おんる)の地に定められ、順徳上皇、日蓮、世阿彌などが流された。天正五年(一五七七)、守護の本間氏に代わって上杉氏が領有。慶長六年(一六〇一)、相川金山が開発され、江戸幕府の直轄領となった。廃藩置県後、佐渡・相川県を経て新潟県に編入。佐州。
[二] 佐渡島(さどがしま)のこと。
[三] 新潟県の地名。平成一六年(二〇〇四)、両津市と佐渡郡九町村が合併して成立した市。佐渡島(さどがしま)全域を占める。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報