コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡 サド

デジタル大辞泉の解説

さど【佐渡】

旧国名の一。北陸道に属し、現在の新潟県の一部。佐州。
佐渡島(さどがしま)のこと。
新潟県の佐渡島を占める市。平成16年(2004)両津市と佐渡郡九町村が合併して成立。人口6.3万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さど【佐渡】

旧国名の一。新潟県の佐渡島さどがしまにあたる。
「佐渡島」の略。
新潟県佐渡島全域を占める市。江戸時代以降佐渡金山で繁栄。米作を中心に果樹栽培が盛ん。干し椎茸・味噌を特産。水産業・観光業も発達する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡
さど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐渡の関連情報