コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿々木米若 スズキヨネワカ

5件 の用語解説(寿々木米若の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐よねわか【寿々木米若】

[1899~1979]浪曲師。新潟の生まれ。本名、藤田松平。民謡の佐渡おけさを取り入れた浪曲「佐渡情話」が大ヒットし、映画化もされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寿々木米若【すずきよねわか】

浪曲師。本名藤田松平。新潟県生れ。1930年自作の《佐渡情話》のレコードが発売され,爆発的なヒットとなった。情緒のある〈米若節〉で一時代を画し,日本浪曲協会会長を数次にわたり務めるなど,浪曲界の大御所的存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿々木米若 すずき-よねわか

1899-1979 大正-昭和時代の浪曲師。
明治32年4月5日生まれ。2代寿々木亭米造に入門。昭和8年,浪曲に民謡をとりいれた自作の「佐渡情話」のレコードがヒットし,映画化もされ全国に知られた。日本浪曲協会会長。昭和54年12月29日死去。80歳。新潟県出身。本名は藤田松平。前名は寿々木亭米若。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すずきよねわか【寿々木米若】

1899~1979) 浪曲師。新潟県生まれ。本名、藤田松平。「佐渡情話」で一世を風靡した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寿々木米若
すずきよねわか
(1899―1979)

浪曲師。本名藤田松平。新潟県生まれ。伯父が地方回りの浪花節(なにわぶし)語りで、幼少期から浪花節に興味をもち、20歳のとき伯父の師匠の寿々木米造を頼って上京。1933年(昭和8)に発表した『佐渡(さど)情話』が全国的に大ヒットした。重厚な美声の持ち主で、民謡を取り入れた流麗な節回しの連続が独得な境地を切り開いた。第二次世界大戦後の混乱期に浪曲協会の会長を務め、信頼を集めた。[秩父久方]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寿々木米若の言及

【佐渡情話】より

…浪曲の演目。浪曲家の寿々木米若(すずきよねわか)が,1933年,レコード吹き込みの際即席で書き上げたといわれる。柏崎から漁に出て嵐のなか助けられた吾作と,土地の娘お光の,佐渡を舞台とする恋物語だが,恋人を忘れかねるお光が,たらいの船で柏崎を指して行くくだりの哀調あふれた美声が評判となって,浪曲師としての寿々木米若の地位を高めた。…

※「寿々木米若」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寿々木米若の関連キーワード東家楽燕天津羽衣木村友衛(初代)酒井雲篠田実(初代)梅中軒鶯童林伯猿広沢虎造(2代)二葉百合子吉田奈良丸(3代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone