佐竹三吾(読み)さたけ さんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹三吾 さたけ-さんご

1880-1976 明治-昭和時代の法学者,経営者。
明治13年3月5日生まれ。法制局参事官,鉄道省監督局長などをへて,大正13年清浦内閣の法制局長官となる。同年貴族院議員。のち中央大教授。大阪鉄道,大鉄百貨店,阪急バス,安田観光などの社長をつとめた。昭和51年5月24日死去。96歳。岐阜県出身。東京帝大卒。旧姓は佐藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android