コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹 サタケ

大辞林 第三版の解説

さたけ【佐竹】

姓氏の一。新羅三郎義光の孫昌義が常陸国久慈郡佐竹郷を本拠とする。鎌倉期、頼朝の奥州征伐に参加。貞義・義篤父子は足利幕府に付き、常陸国守護職を得る。戦国末、義重は北条・伊達氏と抗しながらその子義宣は水戸へ進出。秀吉と通じ、関ヶ原の合戦で豊臣方に付き、戦後出羽国秋田に転封。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佐竹の関連キーワード佐竹化学機械工業秋田藩採集古文書久保田(秋田市)佐竹義篤(2)太田(茨城県)新羅三郎義光岩瀬与一太郎梅津政景日記多賀谷重経真壁房幹佐竹与義手柄岡持牧野永昭山入与義佐竹義寛佐竹義睦佐竹義明秋田蘭画佐竹義長額田照通

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐竹の関連情報