コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹昭広 サタケアキヒロ

3件 の用語解説(佐竹昭広の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さたけ‐あきひろ【佐竹昭広】

[1927~2008]国文学者。東京の生まれ。京都大学成城大学の教授を経て国文学研究資料館館長。古代・中世文学、特に万葉集の研究に業績を残した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐竹昭広【さたけあきひろ】

国文学者,国語学者。京都大学文学部卒業。本居宣長以来の発見とされる万葉集,古今集の歌語の法則を19歳で発表し注目される。古代から現代までの日本語についての該博な知識を駆使した文学研究ですぐれた業績をあげるとともに,《岩波古語辞典》の編纂(共編)や《万葉集》の校訂注解など研究の基礎をつくる仕事にも貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹昭広 さたけ-あきひろ

1927-2008 昭和後期-平成時代の国文学者。
昭和2年10月19日生まれ。48年京大教授,60年成城大教授。平成5年国文学研究資料館館長。古代・中世文学を民俗学的視点などをくわえて分析。56年「万葉集抜書」で角川源義賞。平成20年7月1日死去。80歳。東京出身。京大卒。著作はほかに「酒呑童子異聞(しゅてんどうじいぶん)」「下剋上(げこくじょう)の文学」「古語雑談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の佐竹昭広の言及

【黄】より

…【柳 宗玄】
[黄色と日本人]
 ひとくちに黄色と呼んでも,この名称によって表現される色彩の範囲は個人個人で異なるし,民族や文化によっても異なり,また時代によっても異なる。佐竹昭広の論文〈古代日本語における色名の性格〉は,古代日本人にとって本来的な色名がアカ,クロ,シロ,アオの4種に限られること,前記4種以外の古代日本語の色名であるミドリ,ムラサキ,ハネズ,ハナダ,ニ,ソホなどがすべて古代生活における染色法と密接に結びついていること,この2点を指摘し,しばらく国語国文学界の先駆的役割を果たしつづけていた。その後,大野晋によって,シロを除くアカ,クロ,アオの基本的色名3種もまた染料,顔料による命名であるとの修正意見が出され,これが大方の承認を得るに至った。…

※「佐竹昭広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐竹昭広の関連キーワード天田昭次上田耕一郎大野正男川村勇白土吾夫田中勝宣中山公男夏目晴雄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐竹昭広の関連情報