佐藤 弘(読み)サトウ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 弘
サトウ ヒロシ

昭和期の経済地理学者 一橋大学名誉教授。



生年
明治30(1897)年4月21日

没年
昭和37(1962)年12月23日

出生地
大分県中津

別名
筆名=佐藤 弘人(サトウ コウジン)

学歴〔年〕
東京帝大理学部地理学科〔大正11年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和20年〕

経歴
大正11年東京商科大学に勤め、15年ドイツ留学、欧米の近代経済地理学説を紹介。昭和12年教授、26年東大教授兼任。28年一橋大学小平分校主事となり東大辞任。36年定年退官、名誉教授、大東文化大学教授となった。また日本地理学会副会長、日本商品学会会長、経済地理学会初代会長(29年)、日本工業立地センター理事長、工業立地調査審議会会長なども務めた。著書には「経済地理学総論」のほか訳編書を含め45冊。ユーモアに富む粋人で「はだか随筆」はベストセラーになった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 弘 (さとう ひろし)

生年月日:1897年4月21日
昭和時代の経済地理学者。東京大学教授;大東文化大学教授
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤 弘の関連情報