佐藤和藤治(読み)さとう わとうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤和藤治 さとう-わとうじ

1903-1942 大正-昭和時代前期の農民運動家。
明治36年3月14日生まれ。佐藤佐藤治の弟。大正15年日本農民組合初代青年部長となり,郷里新潟県の木崎村小作争議などで活躍。昭和2年共産党にはいり,翌年の三・一五事件で入獄。のち帰郷し,日本赤色救援会の活動にしたがう。8年上京したが2度検挙され,病気保釈となる。昭和17年9月23日死去。40歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android