コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木崎村小作争議 きざきむらこさくそうぎ

4件 の用語解説(木崎村小作争議の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きざきむらこさくそうぎ【木崎村小作争議】

1923(大正12)~26年、新潟県北蒲原郡木崎村で起きた小作争議。小作人らが日本農民組合支部設立、込米撤廃と減免の要求を掲げ、小学児童の同盟休校、行商、無産小学校建設などの闘争を行なったが、結局敗北した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木崎村小作争議【きざきむらこさくそうぎ】

1922年末新潟県北蒲原郡木崎村(新潟市豊栄(とよさか))の農民の小作料減免要求に始まる小作争議。翌1923年には木崎村農民組合連合会を結成,日本農民組合(日農)関東同盟に加盟,地主に込米撤廃などを要求し本格化。
→関連項目小作争議日本農民組合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きざきむらこさくそうぎ【木崎村小作争議】

1923‐26年,新潟県北蒲原郡木崎村(現,豊栄市)でおきた小作争議で,1920年代日本農民運動の代表例。1923年11月,日本農民組合木崎村連合会が結成され,込米(小作米1俵につき3升の補償米を納めさせたもの)撤廃と小作料減免を要求したことに争議は始まる。大多数の地主はこの要求を受け入れたが,不在地主真島桂太郎ら一部の地主はあくまでも農民の要求を拒否しつづけ,翌年3月には40町歩余の小作地の立入禁止を強行したことにより,大争議へと発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木崎村小作争議
きざきむらこさくそうぎ

1922年(大正11)から30年(昭和5)にかけて新潟県北蒲原(かんばら)郡木崎村(現豊栄(とよさか)市)で起きた小作争議。22年に県の生産米検査規則が強化されたため、県下各地で小作人組合が結成された。木崎村でも横井、笠柳(かさやなぎ)両大字(おおあざ)に組合が誕生して小作料減額を要求、大部分の関係地主は承服したが、真島桂次郎(まじまけいじろう)は認めず23年5月に提訴した。同年11月には日本農民組合関東同盟木崎村農民組合連合会が成立し、継米(つぎまい)・二重俵装撤廃などを求めてさらに真島らと対立したが、地主側が小作地内立入禁止の仮処分を強行したため、支部長が抗議自殺した。仮処分解除後、地主側は耕作禁止、土地返還、小作料請求訴訟を起こしたため3年間にわたる大争議に発展、26年4月地主側が勝訴した。小作人側は東京控訴院にこれの仮執行停止を申請したが、地主側が立入禁止の仮執行を強行したため、官憲と小作人側が衝突して全国の注目を集めた。小作人側は小学児童の同盟休校、組合婦人部行商隊の編成、無産農民学校や信用組合の設立、税金不納、官庁陳情など創意に満ちた多彩な活動を展開したが、しだいに抑え込まれ、30年7月控訴院で和解が成立し、小作人側の全面敗北に終わった。[田崎宣義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木崎村小作争議の関連キーワード黒崎阿賀の里スピーディアやらにゃん奥山荘紫雲寺[町]聖籠[町]井伊誠一加藤順蔵川瀬新蔵

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone