佐藤大四郎(読み)さとう だいしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤大四郎 さとう-だいしろう

1909-1943 昭和時代前期の社会運動家。
明治42年11月22日生まれ。高校在学中に日本共産青年同盟に参加。昭和9年満州(中国東北部)にわたり,橘樸(たちばな-しらき)らによる「満州評論」の編集責任者となる。また綏化県農事合作社を組織するが,捕らえられ,満州国治安維持法違反の判決をうけ,昭和18年5月10日奉天(現瀋陽)で獄死。35歳。東京出身。第一高等学校中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android