佐藤大四郎(読み)さとう だいしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤大四郎 さとう-だいしろう

1909-1943 昭和時代前期の社会運動家。
明治42年11月22日生まれ。高校在学中に日本共産青年同盟に参加。昭和9年満州(中国東北部)にわたり,橘樸(たちばな-しらき)らによる「満州評論」の編集責任者となる。また綏化県農事合作社を組織するが,捕らえられ,満州国治安維持法違反の判決をうけ,昭和18年5月10日奉天(現瀋陽)で獄死。35歳。東京出身。第一高等学校中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android