橘樸(読み)タチバナシラキ

百科事典マイペディアの解説

橘樸【たちばなしらき】

ジャーナリスト,中国研究者。大分県生れ。早稲田大学中退。1906年ジャーナリストとして渡中,《京津日日新聞》などの主筆を務め,1924年《月刊支那研究》を創刊。思想,社会,政治,経済など総合的に中国を研究し,おりから始まった中国国民革命に理解を寄せ,中国社会論,革命論に先駆的業績を残した。1925年満鉄嘱託となり,1931年《満州評論》を創刊するが,直後に勃発した満州事変を機に方向転換を表明して関東軍の行動を支持,王道論を唱え,〈満州国樹立を理論面から支援した。《樸著作集》全3巻がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘樸 たちばな-しらき

1881-1945 明治-昭和時代前期のジャーナリスト,中国研究家。
明治14年10月14日生まれ。39年中国にわたり,中国情勢の調査,報道,論評にあたる。大正14年満鉄嘱託となり,昭和6年満州事変勃発後は満州(中国東北部)農村の合作社運動をすすめた。昭和20年10月25日死去。65歳。大分県出身。早大中退。著作に「支那思想研究」「支那社会研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなしらき【橘樸】

1881‐1945(明治14‐昭和20)
中国問題研究者,ジャーナリスト。大分県生れ。早稲田大学中退。1906年中国に渡り,ジャーナリストとして《遼東新報》《京津日日新聞》などに執筆,25年には満鉄嘱託となった。この間,中国の社会,政治,経済,思想など多方面にわたる研究を行っているが,他にさきがけて孫文を高く評価した。その後,国民革命に理解を寄せ,満鉄が収集した膨大な資料を駆使して中国社会論,革命論に先駆的業績を残したが,31年満州事変直後石原莞爾らと会見したのを機に超国家主義者,〈新重農〉主義者に転向して合作社運動などを支援した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなしらき【橘樸】

1881~1945) ジャーナリスト・中国研究家。大分県生まれ。早大中退。中国社会研究の先駆者。著「支那思想研究」「支那社会研究」「中国革命史論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の橘樸の言及

【五・一五事件】より

…海軍急進派青年将校を中心とする1932年のクーデタ事件。1931年十月事件が不発に終わったのち,橋本欣五郎中佐ら幕僚将校は地方や外国に転勤させられ,幕僚将校に反感をもった隊付青年将校らは,荒木貞夫陸相のもとで国家改造が実現できるものと期待し,直接行動から離れていった。これに対して井上日召一派と藤井斉中尉ら海軍急進派青年将校は国家改造のための決起に固執し,はじめは32年2月11日の紀元節を期して政財界の要人を暗殺することを計画した。…

※「橘樸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android