コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤 市郎 サトウ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 市郎
サトウ イチロウ

大正・昭和期の海軍中将



生年
明治22(1889)年8月28日

没年
昭和33(1958)年4月12日

出生地
山口県

学歴〔年〕
海兵〔明治41年〕卒,海大〔大正9年〕卒

経歴
政治家・岸信介佐藤栄作らの長兄で、3兄弟の中でも1番、海兵でも始まって以来の秀才といわれた。国際連盟海軍代表などを経て、海軍省教育局第一課長、呉鎮守府参謀長、海大教頭などを歴任。昭和13年中将、旅順要港司令部司令官の後、15年4月予備役。18年5月「海軍五十年史」を出版した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 市郎 (さとう いちろう)

生年月日:1889年8月28日
大正時代;昭和時代の海軍軍人。中将
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

佐藤 市郎の関連キーワード土屋安親(2代)佐藤 栄作岸 信介渡辺崋山昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android