佐藤 市郎(読み)サトウ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 市郎
サトウ イチロウ

大正・昭和期の海軍中将



生年
明治22(1889)年8月28日

没年
昭和33(1958)年4月12日

出生地
山口県

学歴〔年〕
海兵〔明治41年〕卒,海大〔大正9年〕卒

経歴
政治家・岸信介佐藤栄作らの長兄で、3兄弟の中でも1番、海兵でも始まって以来の秀才といわれた。国際連盟海軍代表などを経て、海軍省教育局第一課長、呉鎮守府参謀長、海大教頭などを歴任。昭和13年中将、旅順要港司令部司令官の後、15年4月予備役。18年5月「海軍五十年史」を出版した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 市郎 (さとう いちろう)

生年月日:1889年8月28日
大正時代;昭和時代の海軍軍人。中将
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android